不動産投資はやらない方が無難ではある

結局、不動産投資なんてやらない方がいい

最近つくづく思います。

不動産投資なんて昔は危なくて誰もやらなかった、詐欺みたいなものだと思ってる人がほとんど。

今でもそうかも知れません。

そう思ってる人の感性は正常です。ほぼ詐欺と思ってるくらいで丁度いいと私も思っています。

不動産投資を始めるには、不動産業者への資料請求や投資セミナーなどに参加する必要があります。昔は、不動産業者はエリートサラリーマン、医者・弁護士などのカモリストから猛烈な電話営業をして顧客を発掘しておりましたが、最近は、ネット広告やセミナーで顧客を見つけているそうです。

こういったルートで回ってくる不動産には業者の利益が相当にのっており、当然お買い得な物件はありません。

ちょっと前問題になった”かぼちゃの馬車事件”などでスルガや西武信金などの金融機関は金融庁からそれなりの処分を受けております。

ですが、不動産業者は会社名を変えてまたカモを探しております。

何が言いたいかと言うと、セミナー参加や資料請求の時点で、ハイエナの群れに自ら飛び込んで行くようなものです。

それ相当の知識があっても巧みな話術で割高な物件を押し込まれます。

不動産の価値を明確に判断するのは非常に難しいので、プロ同士でも騙しあいです。

結論、投資用不動産には手を出さない。資料請求もセミナーにも行かない。

自分の人生とは関係ないものと思い、本業を頑張る。

これに尽きます。

ただ一点私がオススメするのは、実需の不動産購入です。

自宅として住宅ローンで資産価値が残る不動産を買う、これが王道であり

ローリスク・ハイリターンの誰でも出来る不動産投資です。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ポチッ↑と応援励みになります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です