年収500万で品川区で戸建てを買う方法教えます

おはようございます。倫太郎です。

今日は年収500万で、品川区で戸建てを買う方法を教えます。

結論から言うと借地権付きの戸建てを買うことです。

借地権付きの戸建てなら品川区でも探せば4000万~探すことは可能です。

重要なポイントになりますが、旧法借地権の物件に限ります。

借地権は嫌だ所有権が良いと言う人が多いですが、何が嫌なのかを、実際に明確に言える人は少ないはずです。

以下まずはデメリットを上げていきます。

永遠に土地は自分のものにならない。

売却時の価格が低い。

売主に承諾料を払う必要がある。

地代を払う必要がある

上記くらいではないでしょうか?

逆にメリットを上げます。

土地は自分のものではないので、固都税なし。

価格が安いので、良い立地を選べる

ここからは、私が実務で経験した旧法借地権についての見解です。

売却時の価格は安いが、確実に売却可能。郊外の高額な物件より、都心の借地権の方がむしろ売りやすい。

ローンも充分に通る。住宅ローンは結局本人の属性。

土地に対して固都税を払う=国に地代を払ってるようなもの。と考えれば地代を払うことは、デメリットではない。

旧法借地権はほぼ所有権。借り手の権利が圧倒的に強い。

上記の内容をまとめると、

良い場所に安く住宅を手に入れることが出来る

都心ならすぐに売却できるので、資産性も高い

車も所有権からシェアの時代になり、所有権というものの価値観が変わって来ております。

住宅も所有権に縛られずに、他の有益な選択肢も検討すると良い思います。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ポチッ↑と応援励みになります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です