投資用1LDKを買う時に気をつけるべきこと

こんにちは倫太郎です。

1LDKを買う時に絶対知っとくべきことをお伝えします。ちなみに都心部のマンションの話です。

ちなみに業者でも知らなかったりするので是非おさえておいて下さい。

結論から言うと下記です。

大規模マンションの中の1LDKを買う

以上です。

まず、絶対外してはいけないのは、大規模物件であるということです。イメージ300戸以上は欲しいです。

こういう大規模マンションの1LDKを買わないとリセールが弱いです。これは間違いないです。

最近は1LDKと2LDKだけで作った、投資用のマンションが多いですが、あれを買っちゃダメということです!

三○地○のパーク○ンズとかモ○○トとかの実需と投資の真ん中みたいな小規模マンションはリセールで苦戦します。

こういう物件は、一見坪単価が安く見えてお買い得な気がしますが資産価値は相応に低いです。

その点、都心部の大規模物件の1LDKは資産価値が高値で安定します。

都心の大規模物件は、共用部が充実しており、仕様が素晴らしいです。

高額な部屋は数億~なので、共用部もその層が満足するような造りになってます。

そんな大規模な素晴らしいマンションの共用部をを共有することができことに価値があります。

大規模な土地に建つ大規模なマンションは滅多にでないので、あの街のあのマンション!とシンボル的な存在になり、指名買いが入ります。

そういうマンションを、買うことが大事なんです!

最近だと都心部・大規模の1LDKは6000万くらいします。

パークコート小石川とか、武蔵小山タワーとかとかをイメージして下さい。

かたや、小規模な都心部のマンションは4000マンくらいで買えます。

パー○ワンズとかのイメージです。

ですが10年後のリセールを考えると結果は見えてます。

おそらく下記みたいなことになります。

パークコート小石川は10年後でも6000万。

パークワンズとかは3000万くらい。

マンションは現在の金額だけで決めるものではありません。

立地の希少性、規模の希少性、シンボル性を考慮して決める必要があります。

読者の方は是非この事を理解しておいて下さい。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ポチッ↑と応援励みになります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です