老後2000万円問題は新築戸建てを買うだけで解決する説

こんばんは倫太郎です。

私が実践している、新築戸建て投資についてお話します。

老後2000万円問題の解にもなっていると思います。

築古・激安戸建てとの違い

その前に同じ戸建て投資でも、200万とかの激安築古戸建てが流行っていますが、それとは手法も考え方も全く違います。

ちなみに私はやっていません。

理由は下記です。

立地が悪く、自身ですぐに行ける距離にない。

立地が悪く、土地値がほぼ残らない

リノベーション費用が未知数

不具合発生時に賃借人対する修繕義務の発生、費用が未知数

現金での購入となり、他人資本で投資できる不動産のメリットを生かせない

築古戸建てを増やしていく方法は利回り20%くらい目指せるなら良い投資法かも知れませんが、この利回りを実現できる人は、自分でリフォームできる人です。

リフォームの知識がなく、業者任せの方は高利回りを目指せず、

投資額を回収するのがやっとという状況に陥りがちです。

不動産投資では大きく儲けることを狙ってはいけない

そもそも、私は不動産投資では大きく儲けることは狙っていません。

金額が大きい投資なので利回りが低くてもなるべくリスクが低い投資法を選択します。

ですので、私が実践する方法はサラリーマンなどを続ける前提で、他にも小さな収入の柱を作るイメージです。

不動産投資だけで、キャッシュフロー1000万、そのままサラリーマンを辞めたいという人向きではありません。

不動産投資も時流があります。サラリーマンが不動産投資で億を稼いで、サラリーマンを辞めるというのは、2009年の不動産暴落時に物件を買い、バブルで売り抜けるという時流に乗れた人のみです。

さらに言うと億を稼ぐという事は、それだけリスクをとったという意味でもあります。

『リスクをどれだけとったか自慢』をしているに過ぎません。

私はそういう投資はオススメできません。

不動産投資はあくまで本業を支えるために行う

私の話は本業を持ちながら、あくまで1つの収入の柱として不動産投資をしたい人向きです。

そもそも、最近の大手企業の動向をみると

45過ぎたら、黙ってても、希望退職を迫られる可能性が高いです。

働き方改革で緩く働けるうちは働いて、給料もらって、収入の柱を増やし、資産の土台を築くほうが王道でしょう。

新築・戸建て投資とは

上記を踏まえた上で、私が実践するのは新築戸建て投資です。

23区と言いましたが、別に23区に限ってません。

神奈川、埼玉、千葉でも、オッケーです。

ただし、土地値のみで2000万程度はある場所が好ましいです。

つまり住宅地として今後も栄えつづけるであろう都心部に出やすい利便性の良い場所であることは言うまでもありません。

新築戸建て投資が、なぜ良いのか実体験をもとにお話します。

新築・戸建て投資のコンセプト

まず新築戸建て投資のコンセプトです。

コンセプトは『リスクが低く、リターンが良い』です。

これでサラリーマンを辞めることは出来ませんが、充分な収入の足しと老後の資産になります。

リスクとリターンについて

新築戸建て投資のリスクとリターンについて説明します。

リスクが低いという点

不景気でも、売れる

→2008年の100年に1度の金融危機と言われたリーマンショック時に不動産売買をしていた時、投資用の物件は全く売れなかったが、実需のファミリー物件だけは普通に売れました。

実需のファミリー物件は、どんなに時でも出口があるこれに尽きます。

リターンが良いという点

新築戸建ての賃貸は供給が少ないので高い賃料設定が可能。

新築は築古と違い融資が組みやすく、借入期間も35年設定が可能。

マンションと違い自分の裁量で物件を差別化できる。

 →事務所可にする。

 →ペット可にする。

 →駐車場付きにする。

 →民泊等の選択肢もある。

上記は、マンションだと管理組合があるため普通はできません。

私の実践例

下記は実践例です

・大田区で4000万で新築戸建てを購入。

・内訳(建物1500万土地2500万)

・ペット可能で賃貸に出し22万で賃貸。

頭金を500万入れて金利1.6%、35年ローン

月のローンの支払い・固定資産税が11万程度のため、ざっくり手残りで10万程度は残ります。

これをローン返済まで持ち続けます。

500万円投資をして、毎年10万程度のキャッシュフローを得て35年後には2500万の土地が残ります。

老後2000万問題の解決です。

35年の間に修繕や賃料下落も発生するでしょうが、日々のキャッシュフローを貯めて備えておけば安心です

どうやって新築・戸建て投資を始めれば良いのか

利便性の良い場所で建築費を抑えた投資用の戸建てを見つけることは簡単ではありません。

大手住宅メーカーは高過ぎて投資効率が悪過ぎます。

じゃあどうすれば良いか。

明日にでもできる具体的なアクションプランをお話します。

私は一建設で探してもらう事をオススメします

コストパフォーマンスの良い物件を一般の方でも探せるのはここだけだと思います。

頻繁に見学会をやっているので、興味がある方は1度見学会に行ってみると良いでしょう。

下記にリンクを貼っておきます。

↓↓↓↓↓↓↓↓

一建設株式会社

不動産投資は最初の一歩が難しいです。

戸建て投資は最悪は自分で住めるので、

リスクは本当に低めだと思います。

サラリーマンを続けながら、収入を助け、かつ老後貯金を確保する投資としてはとても良いと個人的に思ってます。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ポチッ↑と応援励みになります

老後2000万円問題は新築戸建てを買うだけで解決する説” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です