今、中古マンションを買って2000万高く売れた!?実例と学びを語ります

こんにちは、倫太郎です。

先日、某会社員の方とお話して、このご時勢で区分の中古マンションを買って、

特にバリューアップの工事もせずに2,000万位高く売れそうだと言う話を聞きましたので記事にさせて頂きます。

場所は港区、大門のタワーマンションです。

クレストプライムタワー●という物件です。

事故物件とかではなく、シンプルに売主がすぐに現金化したかったという理由で相場より約2,000万安く買えたとのこと。

相場9000万を7000万で買ったイメージです。

購入者はちょっとお金のある会社員ですが、業界にコネなどはない一般の方です。

どういう経緯で、こんな良い情報が入ってきたかヒアリングしたので共有します。

今回の事例には、このご時勢でも安くマンションが買える学びが詰まっています。

このご時勢でも安くマンションを買う心得2つ

①大手の仲介会社にきちんと顧客登録をしておくこと。

②相場感を磨いておくこと

上記の2つだけです。

大手の仲介会社にきちんと顧客登録しておくこと

過去の記事でも述べましたが、これが非常に重要です。

良い情報が来たら、仲介会社は絶対に情報を他社には出しません。

自社の顧客で成約させて、売主・買主両方から仲介手数料をもらう両手取引を狙います。

ですので、良い情報を集める最も重要なことは、

情報が集まる大手の仲介会社の優良な顧客になることです。

仲介会社は大手でも店舗ごとに目標があり、他の店舗はライバルです。

ですので、欲しいエリアの店舗ごとに、営業マンにしっかり買う客だと思ってもらうことが重要です。

”三井のリハウス1店舗に登録してるからいいや”ではダメです。

月島店、銀座店と、何店舗かに顔を売るんです。

ちなみに、上記の事例の会社員は20店舗以上の仲介に顔を出しており、日々情報をもらっているとのことです。

相場感を磨け

これも大事です。

仲介会社の営業マンに安いと言われても、信用できませんよね。

仲介会社が安い物件を持って来たときに、それが本当に安いと腹の底から思える相場感を持つことが重要なんです。

相場感を磨く方法

相場感を持つことは簡単です。

たくさん物件を見ることです。

インターネットだけではダメです。実際に見に行って、色々な物件と比較することです。

そんなこと面倒だと思うかもしれませんが、これをやらないと絶対に相場感は身につきません。

面倒だと思う人は、自分の購入したいエリアに絞って、”たくさん”見れば良いです。

”たくさん見る”は、外せません。

上記のことを実行すれば、半年も経たず、相場感が養えるはずです。

あとは実行するだけ

上記の2つのことをすれば、良い物件情報は確実に入ってきます。

ほとんどの人は、この情報を聞いても実行はしないはずです。

実行すれば差がつきます。

上記の方法には1円もかかりません。物件をみる交通費も上手くすれば仲介会社が払ってくれるはずです。

私自身、たくさんの大手仲介会社に顧客登録をしており、日々情報をいただいております。

実際に区分マンション・戸建ての割安なものも時々購入しております。

自身は見送っても、あまりにも良い情報はツイッターやブログで発信していきますので、是非チェックして頂ければ幸いです。

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑ポチッ↑と応援励みになります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です